モビット 審査

MENU

モビット 審査 必要書類

モビットには、20歳以上69歳以下の安定した定期収入があるアルバイト、派遣社員、パート、自営業の人が利用可能なカードローンがあります。

 

 

最大で800万円までの融資が可能になっており、インターネットのPC・スマートフォンからWEB完結を利用すれば来店不要で行え、更に電話や郵送が無いと言うメリットが有ります。

 

尚、PC・スマートフォンからWEB完結を利用する場合は、三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行に普通貯金口座が必要になりますが、条件を満たしていない場合でも、カード申し込みは可能です。

 

 

申込みを行うと、モビットの所定の審査が行われますが、審査の際に必要な書類は一般的には、運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写しが必要となります。

 

 

動画でモビットの事を知る事が出来ます♪

 

詳細は、モビットの特徴を動画でチェック!を参考にどうぞ!

モビット 審査 厳しい

キャッシングの申し込みをする際には、たいてい審査が発生します。モビットでも、例外はありません。

 

その際には、主に以下の3点が厳しくチェックされているものと思われます。

 

 

まず滞納の有無です。

過去に利用していた融資商品にて、滞納が発生していたか否かを見られる訳です。もしも滞納が発生していた場合には、申し込みをお断りされる場合があります。

 

なお滞納の履歴は、過去3ヶ月分が見られる事になります。

 

 

次に収入です。

融資商品では安定収入の有無を見られるケースが多いのですが、モビットの場合もそれは同様です。

 

したがって、収入が不安定と見なされた時には、やはりお断りになる場合があります。

 

 

他社での借り入れ情報もきちんと審査されます。

また上記の収入とも少し関連しますが、借入をしている金額が一定金額以内に収まっているか否かも見られます。

 

もしも、「総量規制」を超える金額の借入をしていた場合には、お断りになるケースがあります。

 

以上の「滞納の有無、安定した収入、総量規制という3点」が、モビットでも重要視されている点であると思われます。

モビット 審査 甘い

上記の通り、モビットでは借り入れ前に厳しく審査を行われていますので、一部の評判などで見られるような「審査が甘い」というような事はありません。

 

これは、他の消費者金融にも同じことが言えますが、審査が甘くして、融資をするような業者は、通常の業者ではあり得ません。

 

特に、総量規制がある現在の法律の下では、甘く融資基準を設定する事は困難ですし、リスクが高まるだけです。

 

 

上記の理由より、簡単に融資をしている事は無いという事は言えますので、

 

もし甘い誘惑で審査や融資が可能・・・・

 

このような事があれば、まずは疑ってみる事も大切な事かなと思います。

関連ページ

モビット 審査突破
消費者金融のモビットで失敗しない、審査結果で落ちないためにできる事、時間が無い方でも必見の内容をまとめました。